まぐ愛秘話

まぐ愛について最先端の情報をレポートする

第9話【クローズらぶ】

f:id:taka664:20170704111139j:image

【閉鎖系愛】

ここ100年くらいの愛は閉鎖した愛だった
それ以前は知らない
縄文時代の愛はどうだったのか見たことはないから知らない
ここ半世紀の体験でみえてきたものは、現代の愛は閉鎖系愛だということだ
閉鎖系の愛から、開放系の愛にシフトするのが、閉塞ヘイソクした現代の愛の蘇生だと直覚する

これまでは「私以外を愛してはダメ」という、人間の魂の拡張、存在の自由性を抑圧する愛だった
僕の最終のゴールはどうであるかというと、誰とでも屈託無く愛しあえる世界である

 

最近僕は不倫したのだ!(笑)
(現代は純粋な愛を表す言葉を隠蔽インペイしている この社会の有り様、言葉に従う限り新しい愛は開かれない)

ご主人がいる女性とまぐあったのだ
いわゆる不倫と称されるしかないのだが(笑)


だが彼女は旦那の許可を得て僕とまぐ合ったのだよ
信じられない!か
だがそれが新しい愛の形なのだよ

「まぐ愛分担」と言ってもいい
まぐ愛が苦手ならば、料理が苦手な人が得意な人に料理をまかせるように、まぐ愛が得意な僕にまかせるのだ
前夜、ご主人に会い「彼女をよろしく」と言われて、「お預かりします」と答えて僕らはホテルに向かったのだ まぐ愛堂々!

 

後日談がある
ご主人は僕らがデートしている間に
思いを寄せる女性とお茶をしていたといふ(笑)

 

つまりだ
『自由に生きれば、自由になる!』 この言葉
誰もが本心で生きるようになれば、その相手も自由になるのだよ
自分が自由になれば、その回りの人間も自由になり、幸せになるのだ
これまでとは真逆の世界だ
「我慢する=本心で生きない世界」は終わったのだ
これからは本心のままに生きて良い社会になる
いや、本心で生きていい社会をそれぞれが創造していくのだ
この社会のせいにしてはならない
宇宙は自分で創造できるのだ
地上天国は自らの手で想像して、創造するのだ!