読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぐ愛秘話

まぐ愛について最先端の情報をレポートする

第88話【一人は最高!】

f:id:taka664:20161016232256j:image

群れる時代じゃない

人に聞く時代じゃない

たった一人で勝負する時代だ

誰も君を病気からは救ってはくれない

放射能から救ってはくれない

たった一人で立ち向かう時代だ

人に聞くな、自らの内にある生命力、そのいのちの驚異に生きることだ

 

「一人はサイコー!」

これが無人島での徹底した悟りだった

どれほど愛しあっても人は一人だ

究極おし進めれば分化する

魂は絶対個別だからだ 二つと無い個性だ

個性を徹底して生きる!

 

動きたいときに動く、間髪を入れずに

髪の毛一本のギャップも無く飛び出す

誰の了解もとることなく、飛び出す

その身軽さ、精神の軽やかさ それを僕は愛する

誰にも了解をとることなく、走り出しジャンプする

 

一人とは完璧に自分自身であれるということだ

一人の絶対自由ほど嬉しいものはない

自分の独自性に開き直れるということだ

限界のない創造が可能だということだ

 

まぐ愛はいい

だがまぐ愛がいいか一人がいいか?と問いかけると 

さてどう答えたらいいだろうか

 

君は二人で生きるタイプか?

僕は一人で生きるタイプだ

二度結婚して二度別れた で悟った

もう人と一緒には一つ屋根の下には暮らさない!と

 

僕は強烈なエゴのかたまりだとも言える

エゴが強烈だから、誰かとは一緒に暮らせない、暮らしたくない

エゴがなければ誰と暮らしても問題はないだろう

エゴがなければ誰とでも融合して楽しくやっていける

僕は二人の道は選ばない、あくまで一人だ

自己探求が僕の歓びだからだ

人間の力を拡張するのが僕のミッションだからだ

そういうテーマがあるから、僕は一人だ

一人が僕に似合う 一人でなければならない!

 

どれほどに愛しあっても

その瞬間一つに融けても

ふたたび個我に変えるのが地球界だ

異次元に飛んでも、ふたたび地球の現次元に舞い降りる

 

一人を愛する

徹底して一人である

「一人はサイコー!」とつぶやきながら今日も渓流を歩いていた

 らびゅー らぶおーる