読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぐ愛秘話

まぐ愛について最先端の情報をレポートする

第79話【空気とまぐ合う】 当たり前の事は言わない、言えない

f:id:taka664:20161012085831j:image

いのちの根源は大気にあるとわかってくる

そう、いのちは無量の大気から産まれる

大気は人間的には「意識」だ

どちらも認識がむつかしい(笑)

当たり前なものは説明がむつかしい

 

男として当たり前だから女には言わない 言えないのだとも言える

女としてあまりにも当たり前だから男に言わない 言うなどと思いもよらない

 

肉体ならば可視できる

だから肉体を使って僕等は愛しあう

肉体を使うのだが、肉体には映らない、表現できないものがある

それが意識だ

どれほどに肉体をまねても、女性をエクスタシーには導けない

肉体では無いからだ

肉体に見えるがそうではなくて、目には見えない意識だからだ

僕が女性を逝かせるのは肉体では無い!

肉体に見えるが肉体は使われているだけであって、正体は僕の意識だ

 

いったいに僕はどういうセックスをしてるのか

僕にはわかっていない

くうきが何かと言えないように

僕は僕が何であるかと言えないのだ

なぜ君を逝かせることができるのか 僕にはわかっていない

逝かせることを量産はできないのだ 工場生産はできない

それはすべて個別だ

こうすれば女性を逝かせられるなんていうノウハウはない

 

女性を空気と触れ合わせる

女性を僕の意識と触れ合わせる

そうすることによって女性のいのちが甦るのだ

眠っていた意識が目覚めるのだ

このことが僕をして、マスターキーを持つ男と自称せしめるのだ

 

言いたいことは言えただろうか?

 らびゅー らぶおーる