読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぐ愛秘話

まぐ愛について最先端の情報をレポートする

体験01話【逝くということ】 岡山でのまぐ愛セッションレポート


f:id:taka664:20160924123614j:image

まぐ愛は一過性のモノではない

単なる快感の行為ではない

持続する変化である

それを僕は鷹菌の転写と呼ぶ

快感を得るのが目的ではない

時分のいのちを更新することが目的だ

だからまぐ愛の結果は人それぞれだ

あらかじめああだこうだは言えない

あなたの必要が顕現されるとしか言えない

 

自らに閉じていた光を開放するという表現でもいい

自らに閉じ込めた光はその扉を開く記憶を失った

それを開くのが僕のまぐ愛サポーターというミッションだ

マスターキーを持つ男と言う呼称の由来だ

閉じてしまった君の扉を開く者です


f:id:taka664:20160924123648j:image

 彼女がくれた短い文章をシェアする

まぐあいセッション受けた感想 気持ちよかった~ いっぱいいった! 女の邪魔をするのは頭のみ。 考えるな、感じろ! 鷹さんのイロイロ 動きやら、言葉により 気持ちよさ満喫っ、倍増っ メチャクチャよったー これから わたしが 新たなめくるめく男子発掘 自由奔放に生きることに向けて 大変よいまぐあいであった

 

彼女はこれまでの男性経験は少なかった

セックスについてのいいイメージがなかった

だから敢えて男性を求めるという気にもならないで生きてきたが、これからは変わるだろう(笑)

自分の中に歓びがあると体験できたからだ

歓びは男性に与えてもらうモノではない

自らの身体に歓びは刻まれているのだ 遺伝子に快感はある

すべての女性が逝くことができるのだ

ただ開き方がわからないだけだ

一度開き方を覚えれば、それは当たり前になる

 

男は自分の力で女性を逝かせるのではない

パワーセックスではないのだよ

パワーなんぞはいらない

指一本でいいのだからね 指一本の革命なのさ


f:id:taka664:20160924123715j:image

彼女からの第二信

 

どどどどー 元気

山田鷹夫が純粋に山田鷹夫であるように
うちは純粋にうちであれば よい!!!
ということが 今、残った
絵を描いて表現する喜び、トキメキが
いっぱい うちにとって
必要な感じがジワジワ盛り上がる いぇーい

うちがうちであれば めくるめく男子はくるという 確信
うちはうちのまま、うちを表現する それでよし
それがよし

岡山で イロイロ いっぱい満たされた

まぐあいは在り方なんだな~ って感じた
いくとか、いかないとか やりかた うんぬん
じゃなかったー
今になって 鷹さんが鷹を転写するとか
いっとったのが わかった気がする

 

以上

facebookコメント参照

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=305063999867072&substory_index=0&id=100010904236245