読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぐ愛秘話

まぐ愛について最先端の情報をレポートする

第56話【時間外連愛】 時間が崩壊したならば愛は雪崩れ込む

f:id:taka664:20160924043359j:image

当たり前のこの社会の前提が崩れたならば!

つまり時間が崩壊しているのだとしたならば

これまでは時間があった

時間に支えられて日常があった

だが時間が崩壊しつつあるのが現代だとしたならば

愛は頻発する 雪崩のように愛は出現する

愛が時間という縄目から解放されたのだとしたならば!

 

恋愛が時間枠を飛び越してしまったならば!

これまでは時系列に愛が流れていた

一つの愛が終わったら、次の愛が訪れていた

それが! 

怒濤のごとくにあなたの日常に連続した愛が訪れたならば!

それを時間崩壊の 時間外連続愛と呼称した

 

時間外連愛


f:id:taka664:20160924044338j:image

これまでは時間があると思いこんでいた

だから愛はおだやかに流れた

一つが終わって、気分を転換してから次の愛が訪れた

時間が消滅したモノだから、愛が次から次へと訪れる

「良きことが雪崩のようにやって来る」という言葉が一頃に流行したが

恋愛が怒濤のように押し寄せたならばあなたは耐えられるだろうか?

サンマ定食フランス料理を一緒に食えるだろうか?

それだけでなくネギ味噌ラーメンも食えるだろうか 同時に(笑)

 

元来、意識に時間は不要だったのだ・・・

 

愛しているのはサンマ定食だというしかなかった時間内社会だった

このたび時間外社会が登場したことによって

なんでもありの社会になったのだ

サンマ定食にこだわる必要はない

フランス料理中華料理もOKだ

そう元来日本人は何でもたべることができる特異な能力を有していたぢゃないか

たった一人を愛するというのは勝手な思い込み、幻想だったのだよ 君

 

一生、サンマ定食を食わねばならない社会ならば、なんてひどい社会だと思うだろう!

何でも自由に食べてきた社会が当たり前でそこに育ってきたからだ

人間は牛じゃない 牧草だけを食べて一生を終わる牛では無かったように・・・

食べたいモノを食べて生きてきた そのように

恋愛が時間枠から解放されたのだという、それはまだ今は恐怖として君の目には映るだろう 言語道断 理解不能だろうさ(笑)


f:id:taka664:20160924044352j:image

 認めたくない

認められない時間外らぶ

しかして時分が神だと豪語するならば、このくらいはクリアしないとな、と僕は言う

もちろん僕のたわごとだ

人はみんなたわごとを吐きながら生きている

それでいいのだよ

 

著名人のたわごとにうなずいている時代は終わったのだ

人の言葉に姦淫していてはいけない→感心していてはいけない

みずからの言葉を吐く時代なのだよ

 らびゅー らぶおーる


f:id:taka664:20160924044407j:image