まぐ愛秘話

まぐ愛について最先端の情報をレポートする

第31話【らぶフリー】 愛しながらも愛からもフリー 愛の奴隷にならない

f:id:taka664:20160901111524j:image

 

愛しながらも自由!

この社会では愛と自由は両立しない

愛すればその愛からは背けないのがこの世界だ

ボクは愛しても、その愛からもフリーだ(笑)

 

きのうから、ある濃人がはるばる来ている

来るなと言うのだが

一泊というからOKしたのに、拝まれて3泊になった

来ては洗濯と掃除をしてくれる

ボクは洗濯も、掃除もしない

彼女はせっせとする

やりたくないことはしない それで成立する宇宙がある(笑)

 

愛してもその愛から自由である次元があるのだ

それをボクは生きている この現次元世界で

 

ボクにはこの次元で言うところの愛はない

この村の人たちからはボクは理解されていない

濃人たちが入れ替わり立ち替わり来るのを呆然として見ている

解釈不能なのだろう 

親しい友は「今はいい、だがお前はやがてのたれ死ぬだろう」と

楽しみにボクを見ている 時々酒を飲ませてくれるのが嬉しい

 

自由こそボクの唯一の有り様だ

自由であれば僕は生き生きとできる 現次元から自由であること

人間だという足かせをのがれていること

ボクはボクを拡張することによって この次元を拡張している

何をしてもいいが、何をしなくてもいい

ただあるだけで僕は満たされ世界を満たしている

 

さてそんなにボクを愛していいのかと問うのだが

彼女はいいと言う

ならばボクを愛することは彼女の勝手だ むげに出て行けとは言わない

ボクの自由をそこなわない限り お~けぃだ

 

人はそれぞれ自由に生きている

自らが許せばあらゆる事柄はお~けぃなのだ

制限は自らの意識の中にのみ存在する