まぐ愛秘話

まぐ愛について最先端の情報をレポートする

第266話【大根は死なない】火の鳥:いのちの再生

f:id:taka664:20170501090733j:image

【大根寿命】

越冬用の大根だ
雪降り前までぎりぎり畑に置かれた大根
土を付けたままだが、4ヶ月後の今も元気だ
しおれていない!88円のサンマを焼いた、大根おろしで食べたのさ


f:id:taka664:20170501091035j:image

生きているということは命がある限り、萎シオれていないのだ
君のおまんこにしてからがそうだ
何年、使ってなかろうが、そのいのちは一瞬で蘇生する
この間の諏訪湖の女性もそうだった
諏訪湖で、彼女にとって20年ぶりくらいのセックスだった
だが一瞬でとろけ、濡れた それはもうシーツまで・・・

きのう、ビールと一緒にある本をもらった
『夫のちんぽが入らない』


f:id:taka664:20170501091119j:image

本は読めなくなったが、この本は読めた まだ半分だが
そうおまんこは命そのものなのだ、単なるセックスではない
おまんこはいのちの凝縮なのだ
生き方がそこに凝縮されている
量子力学 物質であると同時に意識だ それがおまんこ)
大半の女性がいまだに痛いセックスをしている
たぶん9割の女性がそうだ(笑)
ひとえに男が下手だからなのだが・・・ それもまた人生~♪

まぐ愛には賞味期限というものがない
死ぬまでいのちはまぐ愛なのだ
自体の中で神と人とがまぐ合っていることの象徴

大根を見て思う
いのちはおまんこに凝縮されている
君のおまんこを見つめなさい
枯れてしなびているかに見えても大丈夫!いのちは大丈夫なのだ
もしダメだと自信をなくしかけていまならば、僕のところにおいでなさい
蘇生してあげるから By鷹


f:id:taka664:20170501091155j:image

第265話【新しい部族の登場】 時代は「わけわからんワールド」に突入!

f:id:taka664:20170430051902j:image

【新しい部族の登場】 時代は「わけわからんワールド」に突入だ

滅んでいく部族を惜しむな
新しい部族が産まれている!
きょう地球に新しい部族が誕生した
『わけわからん族』だ
わかるかなぁ!?

わかるんぢゃダメだと悟った人間が飛んだのだ
わけわかるワールドから、わけわからんワールドに飛んだ
「わけがわかる」ではもう地球の驚転(驚異の自転)について行けない
説明などをしている暇はない!
飛ぶんだ
みんな一斉にわけわからん渦(ワールド)に飛び込む!(笑)

わけわからんからジャッジはできない
統一的な価値観というものがそこにはない
何でもありだから、もうわけわからんのだ

不食調理人、わけわからんヤツだ 呵々大笑

愛している、愛していないが同時にあるのだよ、わけわからん!
愛しているは愛していないであって、愛してないは愛しているなんだよ!

 

第264話【情報はいらない】情報は役立たない(笑)

f:id:taka664:20170429170109j:image

 

行動につながらない情報はいらない
行動につながらない情報とは
アタマで終わる情報だ
つまり大半の情報は行動を促さない
テレビの情報なんかはその最たるモノだ 見るだけ無駄だ
僕らは地球に体験のために来た
アタマを楽しむためではなかったはずだ

昨日、諏訪湖を訪ねた
駅前のホテルで、リアルまぐ愛セッション(交流)のためだ
一つだけその事のエキスを書く

彼女は天使のように生きてきた五十代半ば
このままセックスの歓びを知らないでは死にきれないと
僕を探し当てた(笑)

旦那がいる
その旦那に了解をとってやってきたのだ
その心意気やよし!

アタマでどれほど考えても動かないでは意味がない
まぐ合うことだよ
考えるよりか、まぐ合うことだ
考え出したらまぐ合えない! 以上

 

 

第263話【不動の男たれ!】動く男は嫌いだ!(笑)

f:id:taka664:20170427012933j:image

 

動かない男こそが女の理想なのだ
と言っても、これに女たちが同意してくれるとは思わない
この記事に「いいね」を押してくれることはまずない!
それはシャイだからではない
女たちも動かない男を経験したことがないから知らないのだ!(笑)

だが女のカラダは本当は知っているはずだ
それを信じて言えばいいのだ
愛する男に、「動かないで・・・」と

挿入したまま、動かないでいること
性欲の発動に耐えて、動かないでいることだ
10分でも20分でもそのまま動かないでいること
男の甲斐性は動くことではないのだよ
ピストン運動などではないのだよ
ひたすらに性欲に耐えて動かないでいること、だよ

やがて女の魂が目覚めるのだ
女のカラダから魂が抜け出るまでには時間がかかる

やってごらん男たち、女たち
やってみればわかる
僕は余計な説明はしない、説教はしない
それは君たちの楽しみを奪うことになる
そんな野暮なことは出来ないさ
君に教えるなどとおうことはできない

※世界に歓びを溢れさせるのは男性の動きではなく、女性の動きなのだ By鷹

第262話【本心で生きる】

f:id:taka664:20170426184155j:image

【矛盾】

それをどのように表現したらいいかとうかがっていたが
こう言ってみよう
『マニュアルはいのちを殺す』

かくありたいと憧れ、かくあるべしで生きると自分を殺す
本心の自分を覆い隠して
きれいに飾った自分になって生きてしまうトリック
わかるだろうか?
あるがままでいいのに、気持ちのままに生きて良いのに
この社会は人を誘導する
強くあれ、美しくあれ、正しくあれ、お金持ちであれと

自分の本心で生きれば良いのに
親の、恋人の、教師のアドバイスに魂を明け渡してしまう
それで一見うまく生きられたかに見えるが、魂は知っている
違うと叫ぶのだ

いのちにマニュアルなんてのはいらない
いのちにマニュアルはない!

うどんを作った 『蕗のとうのうどん』だ
うまくは出来なかった
うまくとはマニュアル通りにはできなかったということ
だが、見てくれは悪いがうまい!
どうも「ほうとう」に近い仕上がりだったみたいだ(笑)

『蕗のとう入りホウトウつけ麺』と長い名前をつけた

週末、リアルまぐ愛セッションがある
その女性は一見、天使のような外見だ
だが彼女は「エロい女になりたい」と言うのだよ そういうことだ

第261話【性器縛りからの解放】まぐ愛進化ビジョン

f:id:taka664:20170424221249j:image

【まぐ愛の進化】

まずはアタマからカラダを開放する
その次は性器からの開放だ
意識を性器縛りから開放するのだ

アタマというエゴから解放されて
次に人間は全能の肉体からも解放される
真の自由を手に入れる!
僕が地球に生きている間に達成できるのかしらん?

今思い描ける最大のビジョンだな
一年が経てばまた変わるだろうかも知れないが-

 

第260話【まぐ愛は魂をひらく】まぐ愛という現代の秘儀

f:id:taka664:20170424064344j:image

【まぐ愛は魂をひらく】

セックスは快感を開くが、まぐ愛は魂を開く
この社会では人は純真に生きられていない
赤ん坊のころの純な気持ちをいつの間にか閉ざしてしまって生きている
魂を閉ざしたままに生きているのだ
真実の自分の魂、気持ちを閉ざしたのだが、その事に気が付いていない
だが魂を失っていると言うことをどこかで気が付いている
おかしいとは感じているのだ
そこでアタマは必死でそれを探る
だがアタマは魂を見つけることが出来ないのだ
それは限界のある狭い狭いエゴ(自我)だからだ

アタマは無限の領域を含む魂を容れることができないのだ
アタマの容量は小さいから魂はそこに入れない

その閉ざされた魂を開くのがまぐ愛だ
アタマでは到底出来ないことを、まぐ愛という秘儀は実現する
アタマこそが魂を塞フサいでいるのだ
そのアタマを消去するから、魂は立ち現れることができる
真性のまぐ愛はアタマを消去して魂を呼び出すものだ

過日日をへだてて、二人に「まぐ愛セッション」をした
共通した現象はともに涙を流すことだった
涙は魂が立ち現れた現象だととらえている
(涙とはカラダが産み出すモノだ、アタマでは涙は産み出せない
そうして流れる涙は上からと下からの涙がある
上からの産みだしは目からの涙で、下からの産みだしは膣からの愛液だ)

これまでのセックスの目的は快楽の追究だった
だがまぐ愛は違う、快楽も含むけれどももっと広く深い
閉ざされた魂を開くのがまぐ愛の本領であるのだ
 らびゅー らぶおーる