まぐ愛秘話

まぐ愛について最先端の情報をレポートする

【キモチーメソッド】

f:id:taka664:20180220110630j:image

 

努力はいらない

むしろ、何もしない方がいいのだ


f:id:taka664:20180220110613j:image

 

この秘密を開いたならば

この世界は終わるな(崩壊する)

この世界は努力によって幸せになれると暗示をかけているからだ

努力はいらない

幸せは身体の中に眠っている

そのことに気づくだけで僕らは至福に満たされる

 

そのためのやり方は

誰にでも簡単にできることだ

「気持ちがいい!」

このたった一つの言葉をつぶやくだけなのだ

 らびゅ~♪

  らぶおーる!

   気持ちがいい!

 


f:id:taka664:20180220111401j:image

【気持ちがいい!】身体覚醒の真言

f:id:taka664:20180219213536j:image

2018年の正月から始めた実験である

日に百回、「気持ちがいい!」とつぶやくこと

単純なこの行為が身体にどういう影響を及ぼすかである

 

【現代人の落とし穴】アタマがすべてという間違い

現代人はアタマで考えることがすべてだと思いこんで、このことを疑いもしない

それが間違いであることを僕はオシッコで知った

アタマでどれだけ病気を治そうとしても病気は治らない

だがオシッコを飲めば治るのだ

このことは人間に何をわからせようとしているか?

アタマには大した力がないということだ

言ってみればアタマは人間存在の10%程度にすぎない

しかし身体はすべてを知っている

すべてを知りながら黙っているとても賢い存在だと見えてくる

アタマを10%だとしたならば、身体には残る90%の能力が隠されている!

現代人はオシッコの神秘な力に気がつかされていないように、身体に内在する偉大な力に気がついていない

気がついていないし、ましてやその偉大な力を使うこともできない

※アタマは病気を治せないと同じく、幸福をも知らない

 だからどれほどアタマで考えても、人は幸福にはなれない

 

【身体の無限力を解放する】

オシッコを飲めばどうして病気が治るのか

それは解明されていない

だが事実としてある

そのことと「気持ちがいい!」という真言は同等な効力を持つと直覚するのだ

気持ちがいい!という言葉が人間の無限力を解き放つという仮説である

たった一つの言葉で、人間の無限力を解放しようと言う大胆極まりない実験である


f:id:taka664:20180219215503j:image

オシッコも飲んだからといって即座に効果が現れるものではない

即座に現れる人もいれば、1年もかかる人もいる

そろぞれの身体の個性によって変わる

同じように身体が気持ちいい!という真言も人によって異なる

それぞれが実験して確かめる以外にない

 

オシッコも真言も共通しているのは、お金がかからないということだ

誰の助けも必要とせずに、いつでもやれるということである

ただのモノは価値がわからないために広まらないというのは経済社会の特質だ

 

真言が生み出すもの】

精神の動揺という不安や怖れはアタマから来ている、アタマという狭いエゴ意識からもたらされる

動揺は、極めて人間的な現象だ

動物や植物、また考えが固まらない赤ん坊や子供にはないものだ

アタマを持って考える人間固有の特質が、不安であり怖れだ

 

この動揺を鎮めるのはアタマではできない

むしろアタマを止めなければ妄想は広がるばかりだ

考えること、悩み苦しむことはもう止めよう!と思ってもその悩み苦しみは消えない

ますますそれを考えるというループにはまる

 

【アタマから皮膚に意識を移す】

皮膚を感じるのである

これが「気持ちがいい!」と唱える理由だ

考えるのはアタマの働きだ

※考えは過去と未来が織りなす妄想でもある

皮膚を感じるのは身体の働きである

 

人間は考えることと感じることは同時にできないように作られている

このことを利用する

 

考える→感じる

このシフトを真言によって成しげとるのである

 

アタマは動揺するが、身体は決して動揺はしない

身体はすべてを知っているからである

考えは人間が作り出したものだが、身体は神が創り出したものだから完全である

身体は決して動揺しないようにできている

動揺するのは一人アタマである

 

 【皮膚を感じる】

考えることはすべての人が当たり前にしている

だが、皮膚を感じることは誰もがやってはいない

だから練習がいる

その練習が、「気持ちがいい!」と真言を毎日百回唱えることだ

唱えれば皮膚が反応を始める

身体のどこかが反応する

それをとらえて感じるのである

そうやって皮膚はだんだんな目覚めていく

万能の力が目覚めていく

 


f:id:taka664:20180220083829j:image

【人間は神人同体である】

アタマの10%のパーツが人領域である

カラダの90%が神領域である

これまでは人間は限定した狭いエゴ意識で生きてきた

これからは神領域が解放される

その第一歩が

「気持ちがいい!」という真言に現れた

 

 

【おっぱいの存在理由】


f:id:taka664:20180218112831j:image

 2月16日高尾山の麓でカレーパーティ

10年以上やっていない女と、あと1ヶ月の妊婦とその子供と

 

女をあきらめた女と、女まっさかりの女のオッパイを

野外で、冬の太陽に照らされされながら揉んだのだ

オッパイはおっぱいだ

いつも揉まれるのを待っていた!

独りの女は気持ちがいいと言い、臨月近い女は乳が吹き出ているかもと揉まれながら言った

 

オッパイは揉まれるためにある!

だがそういうとスケベな男たちには

いやいや揉みまくっているぜという声もあがるだろう

だが違う

揉み方が違うのだ

似て非なる時代だから説明がやっかいになる

これを表現できる者は僕くらいの者だ

大半は言えない

聖者も単なるエロリストも言えない

似て非なる側面を知らないと言えない

 

僕だとしても

大半のエロリストだとしても

オッパイを揉むという行為は同じだ

そんなに特殊な揉み方があるわけではない

テクニックがあるわけではない

揉むのは同じ人間の手だから変わらない

 

独りの女が揉まれて、それが気持ちがいいから臨月の女性に揉まれることを勧めた、その時に言ったのだ

いやらしい感じが全然ないからとねー

 



f:id:taka664:20180218113051j:image

行為は同じだ

オッパイを揉む行為は同じだ

セックスもまぐ愛も行為は同じだ

だが違うのだ

大半の女が泣くのはその違いでだ

女が気持ちのいい揉み方、まぐ愛方ではないのだ

女の気持ちを掴めないからだ

 

ただやればいいというのではない

ただ揉めばいいというのではない

ただピストン運動をすればいいのではない

女の気持ちをつかんでそれをすることだ

 

オッパイを気持ちよく揉める男でありなさい

どんな女性をも気持ちよくできる男になりなさい(笑)

それがもてる秘訣です

 

いつでもどこでもオッパイを揉める男であること

変態の極み人であること、それが僕です

オッパイを気持ちよくできるならば

まぐ愛もまた気持ちがいいのは必定です

 らびゅ~♪

  らぶおーる!

   By鷹

 

 

 

 

 

 

 

【頭言葉と身体感覚】わかるとできるは違う!

f:id:taka664:20180213031431j:image

わかるとできるは違うのだ

これがわかっていない

 

不食の本を読んだからと言って、不食ができるわけではない

愛の本を読んだからと言って、愛せるわけではない

そのことを知っているから、デキると考えるのが現代人の最大の誤謬ゴビュウだ

本で読んだからとわかっていると考えて、さらにそれがデキると自分で錯覚するのだ

 

わかるから、デキると考えさせるのが

現代教育のトリックだ

できているわけではないのに、デキているふりをする

愛がないのに、愛があるふうを装う

自転車に乗れないのに運動理論は語れる!

 

そう言ったからと言って、それがその人の真実ではないのだ

「私は幸せだ」

そう言ったからと言ってその人が幸せであるわけではない

事実は「私は幸せだ」と言っただけに過ぎないのだ

言葉と真実は違う

これが情報で氾濫しているこの社会で理解されていないことだ

知ることの無意味を、エセ教育社会はバラさない

 

アタマでわかったって出来ないのだ

つまり、わかることは意味がない

できないのだから意味はない

「わかる!」それは錯覚に過ぎない

 

つまり、現代の言葉はあてにならないということだ

人の言葉は信頼できないのだ

さらに言えば人は信頼できないのだ

 

信頼できない言葉を信頼する

信頼できない他人を信頼する

この世界ではよほど賢くないと人は狂う

生きて行けなくなる!

 

それはウソをつきながら、生きて行けと言っていることなのだ

知ったフリをしながら生きて行けということだから


f:id:taka664:20180213033341j:image

そのことをアタマとカラダは違うとして

先に進める

 

【アタマは賢さを装うが、カラダの真実はエロいのだ】

つまり、言っていることと、やっていることが違うのだ

インフォマニアックの前編と後編をみた

ラストシーンがそれだなー

賢者のフリをするが、実は人間はエロいのだ!といふ

 

すべての人が自分のエロと狂気を覆い隠して賢者を装う

自らのあるがまま、エロを前提におかない

 

そのことをアタマとカラダの乖離カイリと僕は言う

アタマとカラダが分断されているのだ

自分が分裂している

分裂しているにも関わらず、この社会はそれで生き抜けと圧力を掛ける

二つの力が和合していない

二極が対立しているのだ

人間に安らぎのあろうはずがない

 
f:id:taka664:20180213035255j:image

【アタマとカラダの結合】

アタマは理想を追う、だがカラダは現実である

理想と、現実つまりあるがままとに引き裂かれている

お互いに綱の引っ張りあいで人間は膠着コウチャクしたままどこにも進めない

 

アタマとカラダが敵対しているのだ

人間の中でアタマとカラダがつながっていない!

 

僕の努力はここにある

アタマとカラダを繋ぐことにある

人間を統一させることにある


f:id:taka664:20180213040417j:image

【人間がアタマに収奪された】

戦後の教育でアタマが過剰に拡張された

アタマが良くなければ人間ではないと(笑)

人間とはアタマであり、考えることであり、言葉だと見事に錯覚せしめた

 

失ったものは?!

スマホの便利さで失ったものがある

だがスマホ繁栄にあっては失ったものは見えないそのやうにー

 

失ったものは?!

失ったものはカラダだ

カラダの機能だ

僕らは当たり前に考えることとして、アタマは素晴らしいと思っているけれど

カラダが素晴らしいとは、カラダの素晴らしさを何一つ挙げられないぢゃないか

結果、病人だらけの世の中になっている

薬を飲まない老人がいないというまでの異常事態であるのにまだ気がつかない

 

この異常な世の中を君は平気で生きていられると思うのか?!

 

もう自分のいのちが危ない!

そこまで来ていると感じないか?

追いつめられているのに平気なふりかよ

それほどまでに君は強靭な身体の持ち主なのか!

 


f:id:taka664:20180213042807j:image

まもなく、僕のセッションを受けにくる未見の女性がいる

もう限界だとして彼女は決断したのだ

 

【アタマとカラダをつなぐ実験】

僕のそして彼女のテーマがやはりこれになる

分断されたアタマとカラダを一体につなぐことである

 

アタマとカラダを結びつけることが

現代のテーマなのだ

それを解き明かし、人間をさらなる高みへと押し進めたい

また報告するだろうー

 らびゅ~♪

  らぶおーる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【身体覚醒】2018年2月7日

f:id:taka664:20180207171620j:image

現代人のアタマは過剰に開かれ過ぎた

いのちをアタマに奪われて、考えることがすべてであると思い込んでしまった

だがどれほど考えても幸せには届かない

アタマの中に幸せは無いからだ

幸せは身体の中にあるー

(アタマでどれほど考えても病気は治せない だがオシッコを飲めば治せることからわかること)

 

アタマに奪われたいのちを取り戻す

身体を覚醒させる

それが『身体覚醒』である

 

まぐ愛による身体の蘇生である

まぐ愛は何よりも言葉というアタマではなく、身体を使う行為だ

 同時に意識の蘇生である

 

さらに一人まぐ愛である

一人に満ちてこそまぐ愛は完成する

お互いの依存による融合ではなく

自立した者同士の融合、和合である

 

一人において

気持ちの良い身体を覚醒させてこそである

気持ちがいい!

2018年のmiracleは

正月から始まった『気持ちがいい!』の真言と体感、覚醒の実験にある

さらなる快感の覚醒をー

 

一緒に身体の歓びを覚醒させる実験の旅に出ようぢゃないか!

【他愛ない失敗】facebookブロック

f:id:taka664:20180125230750j:image

またfacebookから締め出しをくらった

1月22日のこと

自分の尻の垂れ具合を写しただけなんだ

それがひっかかった!

今回は長い、1ヶ月の謹慎処分だ

 

もちろん、メッセンジャーも使えない

ラインとショートメールで

連絡をとっている

 

電話は

090-1102-7243

連絡ください(笑)

 

らびゅ~♪

らぶおーる!で~す

 

 

 

 

 

 

【miracle18-04脳内まぐ愛】聖であることを求めてきた・・・

f:id:taka664:20180124170744j:image

人は善なる者、義なる者

聖なるものでありたいと努めてきた

その旅の終わりだ

人は性なるモノだ

性なる体験のすべてが人間だ

あらゆるものを身体に詰め込んだ

それが人間であり、神ならざる人間体験という宝物だった