まぐ愛秘話

まぐ愛について最先端の情報をレポートする

第39話【鼻毛】 30歳と66歳と

f:id:taka664:20170921052912j:image

山口から来た濃人コイビトが帰っていった

いっぱい涙を流していた・・・

そのつぶらな瞳に口づけした

はじめてのことだ

メンタマに舌でくちづけしたのは

 

いったいのリアルまぐあいセッションで

何があったのかわからない

終った今もわからない

何かがあったのだが、何があったのかわからない

 

ほとんど彼女を知らないままに出会い

二晩を過ごした

ビールを飲んだ

彼女はズブウオッカを飲んだな

 

二人のNYOUWO掛け合わせて、ゆで卵を作った

彼女は気にいって

茹でた4つの卵の、3つを食べた

そもそも尿卵は彼女の提案だった

僕も初体験だった

何でもやってみるべきだ

至る所に発見はある

発見は、いのちを震わす

 

彼女は僕の3年風呂にも入った

それが楽しみで来たという

変態人だな

僕のところに来る女性は

つまらない仮面を脱いだ女たちばかりだ

まっとうな女は来ない(笑)

来て欲しくはないしぃ

 

僕に響くをんなだけでいい

 

見てくれなんかはどうでもいいのだ

彼女は若いが関係がない

彼女が大喜びして帰ってみたら

鼻毛がずいぶんと延びていたのに気がついた

これでまあよく口づけを交わせたなぁと

苦笑いしたが、外見なんぞはどうでもいいのだ

たった一つ魂が響き会うかどうかだ

 

食うものも何でもいいのだ

カップめんだったり、サンマだったりする

もちろんサンマは囲炉裏で焼くと極上の味に変わる

 

そうしていっぱいの写真も撮ってあげた

実に美しいのだよ 彼女!

見せてあげたいほどにほれぼれする

まだまだ自分を全開にできた表情をとれてはいないが、楽しみなのはこれからなんよ

 

自分の最高の表情を見たかったならば

僕のところにおいでなさい!だよ(笑)

 

まもなく稲刈りが近い

山菜こしひかり「鷹の舞」の予約をとります

ご期待ください

 

 

 

 

 

 

 

 

第38話【異次元の地球を開く】

f:id:taka664:20170913092535j:image

人は見えるものが全てだと錯覚する

見える世界、考えることが全てだと閉じこめられる

制限された地球体験だけれど、やがて気がつく 

見えない世界と考えも想像もできない

広大、無限の宇宙が広がっているという事に

 

見える世界、考えられる世界、現在次元の向こう側に異次元の世界が広がっていること

 

この地球界は有限の世界

その裏側に、その向こう側に無限の世界が広がっている

現次元は有限の世界、異次元は無限の世界、なんでもありの宇宙だ

 

制限された地球界の楽しみを味わいつくしたら人は飛ぶ無限の制限のない本質の世界の扉が開く

 

現次元の幻想から、どうやって異次元にフライトするかだ

現次元で否定されているツールを使う

この社会で言えないことが、いえないからこそそれらは閉ざされている

現次元は異次元を知られたくないのだ

だから封印する

その封印を解いて、異次元への回廊、橋渡しをするものが尿とまぐ愛だ

どちらもこの社会ではオープンにできないように仕組まれている

 

この次元でさげすまされているものこそが、異次元の扉を開く鍵になる

 

 

第37話【異次元まぐ愛】

f:id:taka664:20170911011017j:image

 【鷹まぐ愛=異次元まぐ愛】

 

僕のまぐ愛がどういうものであるか

また一つ見えてきた

僕の得意な才能は、なんでこれをするのかわからないことをやれる才だ

それで全てを創ってきたと言える

わかることをやるのでは創造はできない

創造のためには、この社会でわけがわからないことを行為できる才能が必要だ

バカでなければ、天才でなければできないのだ

 

人は10%のアタマの容量で生きている

残る90%を起動していない

その90%の能力はどこに隠されているかというと異次元に存在している

現次元と異次元はつながっていない

つながっていないから、人は自分の力を全開に開けない

 

人間の能力を拡張するのが僕のミッションだ

その扉はどこにあるか?

それはカラダにある

女性器に封印されている

全能の力を発揮するための儀式がまぐ愛だ

みほとに異次元への回廊がある

 
f:id:taka664:20170911013402j:image

【現次元は現象の世界】

この社会がすべてだと思っているがそれは10%にしかすぎない

裏に異次元がある

貧しい現次元の裏に、豊穣な異次元が存在している

現次元は不可能な世界だが、異次元は無限の可能の世界だ

現次元は結果しか見えない

なぜ痛みが、苦しみが続くのかわからない!

現象としての苦しみの意味は、本質はここではわからない

異次元は本質の世界とも言えるから、そこにフライトしたならば苦しみの原因が見えてくる

 

僕のまぐ愛の本質はそれである

女性を異次元に飛ばすのだ

そうして女性が異次元でことの本質を掴んでまた現次元に舞い戻る

異次元で手に入れた秘密(宝)を現次元で解いていくようになる

 

僕は、男性はその旅の異次元フライトのサポーターであるのだ

異次元飛行の発射台だとも言える

 

異次元でつかんできた宝のふたを開ける

これまでわからなかった、得られなかった道が開かれるのだ

自分の本質的な問題に気がつき、自分を満たす会うべき相手を引き寄せる

僕のこれまでのまぐ愛の相手たちを思い浮かべるときうなずけることだ

 

これからも僕のまぐ愛はそれだ

僕の快感のためではない

女性を満たすためのまぐ愛だ

女性が満たされるのが僕の歓びなのだ

女性の歓びと僕の歓びは同じなのだ

そこには争いはない!

 

新しい一日、新しくまぐ合う女性がやってくる

嬉しいことに僕の好きな年上の女性である

彼女を開く歓びの一日である

 

 

 

第36話【リアルまぐ愛セッション】

f:id:taka664:20170909205830j:image

【アタマではない!】

 

アタマでどれほど考えても病気は治せない

アタマでどれほど考えても幸福にはなれない

だがオシッコを飲むと病気が治る

オシッコを飲むと幸せになれる(笑)

 

つまりどういうことかというとアタマは10%しか知らない!

カラダは全てを知っているのだ

カラダが作り出した尿が病気を治せると言うことは、カラダは全てを知っているということなのだ

人間はアタマが全てだと思いこんでいる

考えることが自分だと思っている

だが君のアタマの10倍が君の大きな実態だ

信じがたいだろうが尿を飲み、尿を塗り続けた僕にはその真実がわかる

根拠のある自信だな

 

そうしてセックスだ

セックスでは快感は得られても、幸福は得られない

セックスは肉体の快感を目的とするがそれでは人は満たされない

どれほどカラダを研究しても満たされることはない

カラダの歓びは10%だからだ

残りを満たしてもらえないとね

それを魂と呼ぶ

これまでのセックスではとらえきれない概念だから、新しくまぐ愛と呼ぶようにした

魂を満たすのがまぐ愛の本質だ

 

尿では届かない領域がある

その領域をまぐ愛は満たす

何も言う必要はない

ただ尿を飲み、尿を塗ればいいように

まぐ愛に言葉はいらない、理屈はいらない

ただカラダを交わす、まぐ合えばいいのだ

カラダがすべて受け止めて調整をしてくれるから

 

僕のまぐ愛に理論はない

ただ味わうだけである

僕のカラダが、僕の意識が君のカラダを通して君に転写される

それは実に穏やかだ

君を過激に抑圧したり、変えたりという外部の力として働かない

果実が熟れるように、ぶどう酒が発酵するように君に作用する

その作用は一律ではない

君の魂の準備ができた程度において作用する

 

僕は考えていない

考えないから僕の魂が起動する

相手に合わせたまぐ愛をとる

それは一体にどういう作用なのかわからない?

尿を同じだ

尿の治癒原理はいまだ明かされていない

なぜ僕とまぐ合えば満たされるのか

僕はまったくにして知らないのだ

僕には何の意識もないからだ

それをチャネリングセックスと呼んだりもする

神々が僕のカラダを通して何かを行うのだ

僕はまぐ愛が終わると全て忘れてしまう

全くに記憶がなくなるのだ

 

まれにまぐ愛セッションが効かないと見える女性もいる

僕のセッションが完璧だとは言わない

効かないこともあるのだ

だがそれはそれで完璧であるのだ

今は効かないほうがいいから効かないのだ

 

アタマを使うな、尿を塗れ

アタマを使うなただまぐ合え

どれほどに賢くなったって幸せになれないのはいまの社会が証明している

どれほど情報があっても、すべてを知っていても幸せにはなれないという皮肉を、この社会が教えているぢゃないか

 

 

幸せは上の頭にはない

幸せは下半身に

現代人にはタブーのオシッコとオマンコにある!

 

第35話【歓喜のレイピスト】

f:id:taka664:20170909085213j:image

前回の記事の補足である

http://taka664.hatenablog.com/entry/2017/09/06/145151

 

さて、

最近のことだが、自分の本心を偽ったことがあった

それで自分は堕ちた

堕ちたのだが這い上がれ無かった

重いままに淀んでいた

 

そこにはいたくなかったのに淀んだままの状態から抜けられなかった!

 

そこで気がついた

圧倒的な力で自らを変容させようと決意した

僕らは生まれ来しなに大半が、圧倒的なレイプを体験する

それは僕らが望んで得た体験ではない

神から強制的に圧倒的な力だダメージを受けたものだ

痛みというレイプだ

それは刻印だ

魂の刻印とも言える

イヤなことだが、必要である痛みだ

自分自身を思い出すための通過儀礼とも言える

それを人は一生を賭けて解き明かして、溶かす

 

その神のレイプを使う!(痛みのレイプ)

真逆の力として使う(歓びのレイプ)

圧倒的な歓喜の力で自らを犯すのだ

 

堕ちていた僕自身を歓喜で犯した

具体的には「愛している!」と言った

痛苦においては「愛していない」となる

どこまでも自己否定だ

それを強制的に「愛している」と言わせた

自分に、愛していると言わせることも苦しいことだったがそうした

自己否定を強制的に自己肯定に飛ばした

 

僕は僕を犯した

神の歓喜の力で犯したのだ

そういう体験をした

 

人は自らの内にある神の力を使うことが出来る

 らびゅ~♪

 

 

 

第34話【まぐ愛サポーター】

f:id:taka664:20170908095020j:image

一人では出来ないことがある

二人でも出来ないことがある

三人でようやく安定する関係がある

それを『まぐ愛サポート』と呼ぶ

僕のまぐ愛ミッションの一つだ

 

一人を二人につなぐ役割

そうして二人を安定に持ち込むミッション

僕の履歴を思い出せば見えてくる

 

僕はその中心にはならない

一人を補完し、二人を補完する

化学用語で言えば触媒みたいな役割だ

 

例を引き出せば

八ヶ岳のカノンがいる

彼女のパートナーは僕のサポートを知っていてそれを喜んで認め、僕を「あにぃ」と呼んでくれている

熊本の節子とまおもそれだ

僕とのまぐ愛を通して通して二人はつながった

東京のかもたちもそうだ

二人の関係を安定化させるのが

まぐ愛サポーターだ

 

一人では足りない

二人でも不安定

三点目の触媒それが僕の役割だ

 

従来の一夫一婦性では乗り越えられなかった領域だ

すべてはつながっているということのリアルな実感としてこれがある

 

来週、セッションを受けたくて熊本からの帰りを待ちかねている魂がいる

彼女もそうだろう

僕は誰からも束縛をうけないからこそ

僕には愛がないからこそこのミッションが果たせる

 

 

 

 

 

 

 

 

第33話【神はレイプする】圧倒的な力で人間を犯す

f:id:taka664:20170906143446j:image

神は圧倒的な力で人間を陵辱する!

その暴力性に人間はあらがえない

 

この社会ではレイプはいかんとされているけれど、この世の本質はレイプにある

圧倒的な力で僕らは奪われるのだ

のびやかさを自由を歓びを

 

苦しみ痛むのがこの世の基本的なスタイルだ

神の羽交い締めに抵抗して僕らは超越する

痛苦を通して歓喜へ!

 

実は僕らも深いところでそれを望んでいる

自然界の雌が雄の狂乱の衝動を望んでいるように

僕らは神に圧倒されることを望んでいる

このままではダメだと深いところで絶望しているところの希望だ

圧倒的な力で上昇・飛躍を遂げたいという衝動があるからだ

 

神のレイプはしかして

神の楽しいプレイだ

僕らも神のプレイを認めて採用しようじゃないか! らぶ